首イボの予防ケア!繰り返すイボの再発を予防する

更新日:

首イボの予防の仕方

首イボが取れた後は予防対策をしっかりとするのが重要です。繰り返し再発をする人も多いので、きちんと原因の解消をすることが大切となる症状です。

予防が必要な理由

  • イボが再発をしてしまった
  • 何年も繰り返しイボの治療をしている
  • イボの数が増殖して増えた

首イボが取れたとしても、原因は肌の働きの低下です。そのため、予防をして肌の働きを高めなければ、またイボが再発したり、数が増えてしまうことにもなります。

特に皮膚科でハサミや液体窒素で取れた人は油断のしがちです。除去はしても肌の改善をしている訳ではありません。きちんと予防ケアをするのが必要です。

あなたが首イボが取れたばかりであったり、再発をしているのであればご覧ください。首イボの予防ケアの仕方について誰でも分かるように詳しく解説をしています。

首イボの予防ケア!3つの予防対策

首イボの予防薬がある訳ではありません。そのため、必要なことは首イボの原因を解消する為に予防ケアをしていくことです。

首イボの予防ケアとしては3種類の方法があります。

予防が必要な理由

  1. 紫外線対策
  2. クリームでケア
  3. 生活習慣の改善

特に重要となるのが紫外線対策です。肌の老化は日常的に浴びる紫外線が原因となっており、首イボができる大きな原因となります。

艶つや習慣のようなクリームで自宅ケアをした人であれば、そのまま数か月は使い続けるようにしてください。たとえ首イボが取れたとしても、安心をするとすぐに再発をすることもあります。

また、皮膚科でハサミや液体窒素で取った人はヨクイニンが含まれたクリームが市販されているので、利用をするようにしましょう。

1、紫外線対策が首イボの予防に大切な理由

首イボの予防で最も必要なのが紫外線対策を行っていくことです。

40代や50代と高齢になるにつれて、首や顔にできる人が多いですが、紫外線のダメージの蓄積があるからです。

「光老化は8割、自然老化は2割」とも言われています。太陽の光が当たっていない身体の部分は、高齢者になっても白くて柔らかいままです。紫外線にさらされている手や顔などには、放っておくと深いシワができてしまいます。

老化の原因の8割は紫外線による肌老化?「livedoorニュース」

肌の老化の8割が紫外線による影響となっているのですね。

肌の働きの低下によって首イボはできますので、外出時は日傘や日焼け止めクリームを塗るなどの予防を行ってください。

2、ヨクイニンクリームでのケアを継続する

首イボクリームと呼ばれることもある、ヨクイニンが配合されたのをスキンケアとして利用をするようにしましょう。

ヨクイニンは肌の代謝を高める働きが期待でき、保水力も高いことで知られる成分です。そのため、首イボの予防としても継続して使い続けるのがおすすめです。

ハサミや液体窒素を使った人だと、薬が処方されていることもあるかと思います。ただ、薬はからだへ与える影響も強く、継続して使うのはおすすめできません。

そのため、一時的ではなく継続して行う予防にはヨクイニンクリームを使うようにしましょう。

艶つや習慣プラスとは
艶つや習慣の口コミ【実際に使用】首イボへの効果や最安値

アクアビューティーの艶つや習慣を実際に使ってみました。艶つや習慣の良い口コミや悪い口コミや私の感想を紹介しています。首イボや顔イボのヨクイニンエキスクリームとして知られています。効果や副作用や最安値も ...

続きを見る

3、美肌にする生活習慣の改善で首イボの予防

生活習慣の部分は肌の働きにも大きくかかわってきます。

この日常的に繰り返す生活習慣が悪化をすることで、代謝を低下させてしまい、肌力の低下や乾燥をする原因にもなります。

美肌にする生活習慣

  • 睡眠
  • 食生活
  • 運動

これらのことを少しづつでも良いので、予防対策として改善をしていくようにしましょう。少しは散歩をしてバランスの良い食事を心がけるようにしてください。

首イボの市販薬は予防としては使わない

首イボの市販薬を予防として使うのはおすすめはできないです。理由としては副作用のリスクもあるので、日常的に継続して使うような物ではないからです。

首イボの市販薬はいくつも種類はありますが、どれもヨクイニンを凝縮して錠剤にした飲み薬です。そのため、共通して同じ副作用が添付書に書かれていたりします。

副作用としては消火器と皮膚に関するものです。

そのため、首イボを取りたいから市販薬を使うのは良いですが、予防として継続して飲み続けるのはおすすめすることはできません。

副作用や市販薬については下記の記事で詳しく解説をしています。

首イボを取る市販薬やクリームを実際に使って比較

首イボは繰り返す人が多い!予防対策をして取れたと安心しない

首イボは繰り返す人が多いです。そのため、取れても再発をしてしまい、また取らなければならないと悩むこともあります。

皮膚科へ治療をすれば即効性はあるものの、痛みや跡が残るリスクもあります。何より通院をする手間や費用もかかってしまいます。

そのため、取れたと安心をするのではなく、大事なのは原因の解消をして繰り返し再発をしないように予防ケアをしていくことです。

首イボが取れても再発をする理由

首イボが取れたとしても再発をしてしまうのは原因の解消ができていないからです。そもそもの原因の改善をしなければ、またできてしまうのは当然のことです。

ニキビのようにそのうち治るだろうと放置をしていたら、数が増えてたくさんできていたなんて人もいます。

ハサミや液体窒素を使って取ることはできます。しかし、ただ除去はしているものの、肌の改善をしている訳ではありません。

そのため、ターンオーバーの乱れによる角質が付着したままとなり、首イボが再発をしてしまうのですね。

クリームなどを使って安心ができるまではケアを継続していくようにしましょう。

市販の首イボ取りクリームの選び方

-首イボを自分で取る

Copyright© 首イボを取る市販薬やクリームを実際に使って比較【40代の首イボブログ】 , 2019 All Rights Reserved.